コンクリート構造物の補修工法

IPH工法(内圧充填接合補強工法)

・ひび割れ補修
表面塗布工法・注入工法・充填工法
・断面修復

・表面被覆

・電気化学的補修
脱塩工法・再アルカリ化工法
・電気防食

・その他補修
含浸材塗布工法・剥落防止工法

※ 補修の対象(原則、はつり出し作業が不要)
ひび割れ、漏水ひび割れ、豆板、鉄筋露出、断面欠損、浮き、剥落防止、塩害、中性化等

IPH工法の特長

・空気と注入樹脂の置換

 注入時には樹脂漏れ防止するため、表面を密封します。そのため、躯体内部の空気は逃げ場がなくなり、注入の圧力に抵抗するものとなります。この抵抗する力が注入材の進入を阻害する要因となっています。

・高密度充填

 高流動性のエポキシ樹脂を用い、空気を抜き取ることで、負圧の状態を作り出します。注入圧力を0.06±0.02N/mm2の超低圧に抑えることで毛細管現象も生かされ、注入樹脂を高密度・高深度に微細なひび割れまで充填が可能となります。計測実績では0.01mm程度の微細ひび割れまで充填が確認されています。

・強度回復、耐久性向上

 細部まで充填されることから、圧縮強度及びコンクリートと鉄筋の付着強度が回復し、耐久性が向上する。また断面修復後に注入することで既存躯体部と補強材料を一体化することにより、再剥落の防止対策となります。

・鉄筋防錆、中性化抑制

 注入により鉄筋沿いに樹脂が廻るため、鉄筋の防錆効果を高め、中性化の進行を抑制することが可能です。また、微細な空隙に充填されることから、空気・ガス・水分等のコンクリート内部への進入を防ぎ、劣化進行や塩害・ASR(アルカリ骨材反応)の抑制効果も期待できます。

・経済性の向上、環境対策

 耐久性の向上が見込まれ、補修の周期間隔を延ばすことが可能です。また、劣化部分に対してはハツリ落とさず、そのまま修復・注入を行うため解体殻が減少し、施工費や工期が低減できます。注入器の再利用、サンディングや穿孔に使用する機材は低騒音・無粉塵・無振動の専用器具であり、施工性が向上し周辺環境へも配慮しています。

施工順序(ひび割れ注入工)

*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
ページのトップへ戻る